コインチェック、ネム580億円分が消失!

ネム

コインチェック(取引所)でネムを消失!

コインチェックでネムを保持している方は、

大変な思いだと思います。

 

銀行に預けてあった、お金がほぼ全て無くなってしまった!

そして、それは保障外であると言う様な事と同じなのです。

 

金額にして、総額580億円分!大金です。

所有額の何パーセントなのか気になるところです、

そしてこの金額相当のお金は返ってくるのでしょうか?

 

ある一般人は、当時の額で250万円分のネムコイン(仮想通貨)を

購入していて、消失時の日本円額として1億5000万円の

金額を失う事になりました。

 

1億5000万円が消え、

そして元金も戻らないとなると……….

絶望

 

「絶望的です」 

 

コインチェックで消失したネムコインは戻るのか?

現段階では、戻るのかどうなのかと言うよりも、

この先どうなるのかが一般的に気になります。

 

ネムコイン保有の当事者の方には申し訳ないですが、

やはり、今後の対応など安全性を見てみたいところです。

 

580億円分のネムコインの支払い義務はない!

支払い義務

コインチェック(仮想通貨取引所)が消失分を保有者に返す義務は

ないのでしょうが、詳細と対応を早めないと今後の信用がなくなる

のが確実です。

 

コインチェックも被害者です、ネムコインをある意味では外部から盗まれた

のですから…….

 

ただその管理方法が疑問視されました。

ネムコインに関して技術的に難しいとの事、人で不足により

オンライン上で管理していたそうです。

きちんと、オンオフを切り分けしたお財布(コールドウォレット)を

使用していなかった事が最要因の様です。

 

その為に、アドレスの秘密鍵が流出して、何者かにより盗み盗られた

と言うことです。

流出

その移動先のアドレスなども分かっているそうですが……

どうなるのって感じですよね。

 

仮に、盗まれたネムコインが帰って来たとして、当時のレートと

大きく誤差があることも十分にありえます。

 

そして、今回コインチェックでは、ビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)

の全面的な取引や出金が停止となりました。

 

このことは、ビットコインに関しては安全性がある

と見るべきか?

それとも今後に備え、ビットコインも個人で管理するべきなのか

と考えさせられました。

 

仮想通貨は個人で管理ができます。

ただ日本のCMなどで取引所として人気のある、

扱い方法が一般的な様です。

 

取引所に入金して⇒

 

円を仮想通貨に交換⇒

 

そのまま仮想通貨を取引所で保管して置く。

 

今回はこの保管しておく場所が取引所であったために、

その取引所に強盗が入り、ネムコインを盗まれた!

そして、その仮想通貨は国での保証があるわけではない。

 

と言う話しです。 額にして580億円分!

大金を今後、または今保有を考えている方は、隔離の財布も

考えた方が良いです。

 

コメントを残す

Captcha loading...
サブコンテンツ

アーカイブ

このページの先頭へ